筑紫野太宰府にお住まいの皆様、棟梁があなたのお宅におじゃまするかもしれません。

こんにちは、筑紫野太宰府の新築リフォーム 幸光技建の田中です^^

暑いです、とにかく暑い。これに尽きます。

さて、そんな酷暑のなか、幸光技建棟梁の春本が

あなたのお宅におじゃまする

かもしれません...

若大将、春本 光大(29)。

_53V1960


幸光技建の棟梁春本。最近の悩みは「下の名前コウダイって呼ばれるんっちゃんね〜」です。


光大と書いて「アキヒロ」と読みます。以後、お見知り置きいただくと棟梁が少し喜びます。

年齢を見て驚いた方もいるかもしれません。2016年8月現在事実です。

恰幅がいいので年上に見られることが多いそうです。広報の田中も てっきり30代後半 なんて思っていました。

彼が筑紫野、大宰府にお住まいのあなたの家にお邪魔することになるかもしれません。

とはいっても、もちろん実際に訪問することはありませんのでご安心を。

前回アップした、このチラシが配布になるというだけの話です(笑)

▼表面

201606toilet-01

▼裏面

201606toilet_ol-02

A4サイズ90kgコート紙にてお届けします。

もし、このブログを見たあと、ポストにこのチラシが入っていたら、

是非少し中をのぞいてあげてください...チラシなんてすぐにゴミ箱行きですが、

20秒だけでも見ていただけるとうれしいです。


太宰府天満宮や南蔵院の工事も経験!

年齢が(意外と)若く、ご心配されるお客様も中にはもちろんいらっしゃいます。

ご安心下さい。大工歴11年、若かりし大工時代には、

福岡ではほぼ知らない人はいないであろう「太宰府天満宮」

「南蔵院(篠栗にある涅槃像<ネハンゾウ>が有名な名所)

などの宮大工の経験もある職人なんです!

宮大工は特殊な工事が多く、通常の大工であれば簡単に作業ができる、なんていうレベルではありません。

親方会社のテシマ技建でみっちりしごかれた幸光技建棟梁の春本光大(29?)。

現場の仕切り、工事もバシッとこなします!!

大工歴30年、40年超え!幸光技建の職人集団。

棟梁の春本以外にも、熟練の職人が在籍しています。

例えば、幸光技建自慢の職人、草野は大工歴なんと31年!

さらにそれを上回る手塚は大工歴なんと42年!

広報のタナカはまだ若干30歳なので、お二人の大工歴に人生負けてますw

_53V3015

▲たまにかけるメガネがシブい 職人 草野

_53V1749

▲御年62歳!!どんな作業もバリバリこなす手塚

頼もしい限りです。こういった熟練職人の技術をあくせくしながら学び磨いている、

趣味が「広瀬すず」という、なかなか謎な春本真大(マサヒロ)。

_53V1722

▲プロカメラマンの撮影にバリバリ緊張していますが...

▼工具をつけると表情が一新!!

_53V1802

他にもたくさん腕のイイ職人さんが在籍しています^^

あとがき。

というわけで、職人紹介なのかなんなのかよくわからない記事になりましたが、

8月上旬から中旬にかけて筑紫野太宰府エリアにチラシが投函されるます。

皆様、是非温かい目でご覧になって下さい(*´∀`)