構造見学会!

こんにちは、広報の八重尾です。

早速ですが、『構造見学会』をご存知ですか?


『完成見学会』に比べて、『構造見学会』の開催はほとんどなく
参加したことある方は少ないのではないでしょうか?

乙金台 構造見学会_180802_0006.jpg
実はこの構造見学会、これから家づくりをする方々にとって、
とても大切な見学会なのです(=゚ω゚)ノ

完成してからでは見えない、
家の接合部や断熱材が直に見ることができます。

また、ただ構造を見てもらうだけではなく、
現場に携わる造り手の思い、『家づくりに対してどんな意識を持って取り組んでいるのか。』
技術はもちろんですが、造り手の姿勢も知っていただける良い機会だと思います。

今後家づくりをする方々が、本当の意味で
安心出来る見学会なのです(^^♪

今回、さちこうハウスでも11/23(土)・11/24(日)に
構造見学会を開催いたします。
構造見学会チラシ2019表面jpg1.jpg
さちこうハウスの家づくりを
是非とも体感してください(*^^*)


ご予約・お問い合わせ→092-408-7649

上棟式

こんにちは、さちこうハウス広報担当の八重尾です。

子どもの学校で、とうとうインフルエンザが流行りだし、
学級閉鎖もあっているようです...(;O;)

手洗いうがいの徹底をしないとですね(=゚ω゚)!!

さて今日は、
大野城市Ⅿ様邸の上棟式の様子です♪


S__78708743.jpg

S__78708742.jpg

朝少しぱらついた雨も、式が始まるころにはあがり

お天気にも恵まれた一日となりました(^^♪


S__78708750.jpg

お施主様やご家族様にご用意いただいたお弁当を食べながら
楽しい昼食タイム♪
とても美味しく頂きました。

Ⅿ様、沢山のお弁当のご用意ありがとうございました(*^^*)

S__78012422.jpg

因みに、上棟式恒例の社長特製豚汁!
(↑朝早くから頑張って仕込んでおりました)
今回もおかわり続出で、大人気でした(´▽`*)

F342B28F-EF82-4F10-849B-03A9C3FC2F68.jpg
式の後には手形式も行い、

棟札には

ご家族様の手形と、これからの願いを込めて
『家族安全・無病息災』の文字が入りました。


そして、『餅まき』!!
ここ最近ではほとんど見なくなりましたが、
さちこうハウスでは出来る限り、
この『餅まき』をさせていただきます。


M1210010.jpg

地域の皆様へ、「工事のご協力への感謝」と
「これから末永く宜しくお願いします」
という思いを込めて行います。


DSC_0870.JPG

今回、沢山の地域の方々にご参加頂きました♪

31B8C72F-8F55-4EFE-A614-4D65EAF8BC28.jpg

写真撮影をしている私も
拾いたくなりました(笑)

039D21A0-B02C-4AF1-83DE-2DCD6B04508E.jpg

2歳の娘様も
頑張って拾う姿がとっても可愛かったです♪

最後は社長の一本締めで終わった上棟式。

お施主様やご家族様、
ご参加いただいた方々の沢山の笑顔を見ることができ、
私自身も参加して本当に良かったな~と感じました(*^^*)

Ⅿ様、これからも引き続き宜しくお願い致します(^^

地盤の安全性

こんにちは、広報の八重尾です。

今日は「地盤」の安全性に関してご紹介します(=゚ω゚)ノ


o.PNG

住宅の耐震性、耐久性をいくら追及しても
住宅が建つ土地が軟弱地盤だと、全く意味がありません

不同沈下により窓やドアの開け閉めが困難になったり
外壁にクラック(ひび割れ)が生じるなど、
住宅に不具合が出てしまっては、将来の事を考えても
安心して暮らすことは難しいですね(;゚Д゚)

因みに、よく言われている欠陥住宅の約7割が
軟弱地盤によるものだと言われています(;O;)


では、どの様にして土地の安全性を調べたらいいのでしょうか?

地盤調査は、土地を購入してから行いますが
地盤の状況というものは、周辺環境からある程度は推測できます。

下記のチェックポイントを一度確認してみましょう。

地盤状況のチェックポイント

・水域を埋め立てた地域か
(各市町村の図書館で調べる、法務局で土地登記簿謄本をとる)

・周辺道路
(道路より低い土地は水が溜まりやすく、地盤も弱いことが多い)

・盛り土による造成地か
(傾斜地や窪地に土を持っている土地であれば、
転圧状況により地盤が軟弱な場合がある)

・海、河川、沼、水田など

・雨天時の雨の染み込み度
(雨の染み込み度が早い場合、締固めが不十分の場合がある)

・近隣住宅の基礎などのひび
(ひびの幅が0.5mm以上なら注意が必要)

・地名が水に因っているか
(水田、水辺、低地・窪地・水域、水辺の動植物等)

上記のチェックをして、その土地が軟弱地盤と疑える場合でも
地盤改良などの地盤補強工事を行えば
十分強固な住宅を建てることができます(*^^*)

ですが、その分費用はかかりますので
念頭に置いておくようにしましょう!


祝上棟!

こんにちは、広報の八重尾です。

先週、大野城市Ⅿ様邸、ついに上棟致しました(*^^*)

S__77717533.jpg

天候にも恵まれ無事に上棟をする事が出来ました。


S__77717555.jpg

DSC_0684.JPG


S__77717567.jpg

大工さんたちの手際の良さとチームプレーには
いつも惚れ惚れします(*^^*)

ここから着々と工事が進んでいきます!
Ⅿ様、改めましておめでとうございます!
次回は上棟式の様子もお伝え致します♪

パワースポット

こんにちは、広報の八重尾です。

先日、佐賀の『武雄の大楠』を見てきました。

たまたま近くに行ったので、立ち寄ることにしたのですが

佐賀でも有名なパワースポットのようです。

S__77152260.jpg

武雄神社のご神木となっている、この大楠。

高さ30メートルとかなりの迫力があります!

そしてなんと、樹齢3000年だそうです(;゚Д゚)


この木は、たくさんの歴史を見てきたんですね...


自然の生命力みたいなものを感じ、パワーをもらいました!!

一緒に行った子どもたちも
「なんか宿ってそう」
と、少しビビり気味でした(笑)

パワースポット、たまには行ってみるのもいいものですね(^^♪

木工事スタート

こんにちは、広報の八重尾です。

朝晩は冷えますが、日中はまだまだ
暑さを感じますね(*^^*)

さて大野城市Ⅿ様邸、木工事がはじまりました!

S__77381634.jpg

諸岡邸木工事_191028_0001.jpg

諸岡邸木工事_191028_0008.jpg
諸岡邸木工事_191028_0004.jpg
この暑さの中、棟梁や設備屋さんが黙々と頑張っています!
もちろん代表も忙しい合間を縫って、現場に出ております!

S__77381637.jpg
S__77381638.jpg

現場は常にキレイに...と掃除も念入りに(=゚ω゚)ノ

着々と進む新築工事、
今週末には上棟式も予定してます(*^^*)


プランニングとは?

こんにちは、広報の八重尾です。

今日は朝からお客様に柿の差し入れを頂きました(*^^*)

85933E7D-A44D-47C5-B639-7E4D619DBEB5.jpg


一気に秋を感じました。
2,3日すると甘さが増すようなので、
その時美味しく頂こうと思います(´▽`*)


さて、今日は『プランニング』についてです(=゚ω゚)ノ

d69689ac27aa7293595d169ce6973906_s (1).jpg


さちこうハウスで行うプランニングとは、
お客様がどんな家を建てたいか、ご希望・ご不安・ご不明な点など
じっくり話を聞かせて頂きます。


「LDKは20畳以上ほしい」
「キッチンにはパントリーが必要」
「駐車場は3台確保したい」
「子どもが増えても大丈夫な間取りにしたい」

家づくりにはたくさんのご要望がありますよね(^-^)


森山様_191028_0010.jpg
(↑Ⅿ様打ち合わせ風景)

ひとつひとつ、お客様のご要望を聞き、
専門的な事は、こちらからもご提案させていただきます。

さちこうハウスは、『主婦目線』も大切にしており、
家事動線にもアドバイスをさせていただきます♪
なので奥様のご要望にもしっかりと耳を傾けます(*^^*)


資金計画に続き、プランニングを行うことで
マイホームへの夢が一歩近づいてくるのではないでしょうか(^^♪


家づくりにおいてご相談等ございましたら、
いつでもお気軽にご相談くださいね♪

ヒートショック

こんにちは、広報の八重尾です。

最近だいぶ寒くなってきましたね(>_<)

ということで今日は
『ヒートショック』についてのお話をします。

日本のほとんどの住宅は
リビングと廊下や水回り部分を比べると
約6~10℃の温度差があります。

「ヒートショック」とは...
暖かい部屋から寒い部屋、またはその逆というように
温度が急激に変化した際に、血圧や脈拍が上昇下降して、
心臓や血管に大きな負担をかけることです。

ヒートショックが最も起きやすいのは
冬場のトイレや浴室と言われています。

0S6A3295.jpg

これからの季節は危険ですね(>_<)

浴室事故の70%は脳卒中などの
循環器系障害によるもので

ヒートショックにより死亡 約17,000人/年
交通事故により死亡    約3,900人/年

ヒートショックで亡くなる方は
交通事故死者の約4倍です。

つまり、道路上よりも家の中のお風呂の方が
4倍も危険だということです。


住宅内で温度差が出やすい場所

住宅内で温度差が出やすい場所は、以下のエリアです。

・脱衣所
・洗面所
・浴室
・トイレ
・廊下
・玄関

特に、肌を露出する「お風呂」や「トイレ」では
注意が必要となります。

これらの場所を20℃程度の室温へと調整することで
血圧変動のリスクを軽減する事が出来るとされています。

ヒートショックを予防する2つの性能『断熱』と『気密』


様々な健康被害を引き出すヒートショックですが
原因はどれも寒い家がもたらす「家の中の温度差」です。

家の中の温度差が激しい家とは
「断熱性能」と「気密性能」が悪い家のことです...

そうした住宅は家全体を暖めるために
非常に大きなエネルギーを消費します。

その為、住人は節約の為にリビングなどだけを温めて
使われない部屋や廊下、浴室などは
非常に寒い状態で放置されます(;O;)
300719 (1).jpg
こうして家の中で過度な温度差が生じ
ヒートショックの起きる危険な環境が
出来上がってしまうのです。

こうした危険を回避するために住宅を選ぶうえで
チェックしておきたいのが、
「断熱性能」と「気密性能」の2つです!

高い断熱性と隙間のない高い施工精度が
家族全員がヒートショックを心配することなく
健康で快適に過ごせる「本物の健康住宅」であるという事ですね(^-^)

資金セミナー

こんにちは、広報の八重尾です。

今週もはじまりましたね!
さちこうハウスは、
休み関係なくフル稼働しております(=゚ω゚)ノ


さて昨日、さちこうハウス事務所にて
お客様との打ち合わせがありました(^^♪


お客様より
『資金セミナー』を受けたいとのご要望がありまして...

社長による資金ミニセミナーを開催いたしました。

森山様_191021_0004.jpg

色んなハウスメーカーにも足を運び、
家づくりにおいての知識も豊富な
とても勉強熱心なご夫婦です。

ちなみに小さなお客様もご一緒でした(^-^)
森山様_191021_0001.jpg
かわいすぎる(´▽`*)

次回はプランニングを行う予定です(*^^*)

今後とも宜しくお願い致します♪

Ⅿ様邸工事始まりました

こんにちは、広報の八重尾です。

今日も雨ですねぇ。


さて、先日地鎮祭を行った大野城市のⅯ様邸、
いよいよ基礎工事が始まりました(*^^*)

5017.jpg

ここから着々と工事が進んでいきます。

因みに完成イメージはこちら↓

北西s1.jpg


今はやりのキューブ型です!
凸凹がなく、シンプルモダンな素敵な家です(*^^*)


完成は1月末予定です。
どんなお家ができるのか...
とっても楽しみです(^^♪

また進捗状況お伝えしていきます!