一流の職人集団

大切な家づくりに職人の技とプライドを。

職人
家づくりは、一業者だけでできるものではありません。工事内容ごとに専門の職人、約30種の職人への発注と施工を必要とします。

この専門の職人をSG.styleでは地元の気候を理解している信頼できる技とプライドを持った職人と「一流の職人集団」として家づくりのパートナーと位置づけ、より完成度の高い施工とより良いサービスをお施主様に提供するために連携を深めています。

そのために重要なのは、家づくりに携わる全ての職人が、お施主様を理解し、共感していることです。


職人同士の連携は高めれば高めるほどにチームワーク力として完成され、無理・無駄をなくし、安全・確実な施工へとつながります。
SG.styleでは日々職人との連携を深め、家づくりにおける日本代表のような「一流の職人集団」をめざし、信頼のおける職人達の確かな施工技術によって建てられた家を、自信を持ってお施主様にお引渡ししています。

職人
デザイン、価格、構造、性能など、家には大事にしたいことがたくさんありますが、私たちが一番大事だと思っているのは全員が「いい仕事をしよう」と思って携わっているか。

私たちがつくっているのは、世界にひとつしかない大切な家。
だからこそ、ひとりのお客様のためにみんなが心を込めて、最高のものをつくろうとする気持ちが必要なんです。


そこには施工技術の確かさや精度の高さがなければ、お客様の大切な家づくりはできません。技術と気持ちを高く保てる仲間と連携し、協力して家をつくり上げられる職人力。この力こそ、SG.styleのクオリティの源です。

SG.styleにしかできない家づくり
家は、カタチにならなければ存在しないものであり、そのまだカタチになっていないものにお施主様は夢と希望を託し、お金を支払います。

ですから、完成した家ではなく、家をつくる「過程そのもの」に価値があり、それらをつくる職人さんの想い、心で、最終的な「カタチ」は同じであっても、全く違う「家」が出来ると考えています。


突き詰めていくと、家づくりは提供する「人」が極めて重要です。

家づくりを本当に理解しているのは、
設計士さんでも、メーカーでも、不動産屋でもありません。


私たち職人です。


建築業界は、職人さんに依存している業界です。どんなに良いプランができても、携わる職人さんの想いが入らなければ、本当にいい家はできません。「その建物に魂を吹き込む」そんな想いを全ての職人が共有することに意味と意義が在ります。

家づくりを通じて想い出をつくり、暮らしを創造し、ご家族の笑顔と幸せをつくる。この素晴らしい家づくりを少しでも多くの方に知っていただけるように努力を積み重ね、SG.styleは精進してまいります。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント