お母さんのための間取り

こんにちは、広報の八重尾です。

今年も残すところ2週間を切りましたね(=゚ω゚)ノ
気持ちがついていかないのは私だけでしょうか?

さて、今日は子育て世代のお母さんにお伝えしたい
家づくりのお話です。

子育て世代の家づくりで大切なのは、
家の広さよりも、家具よりも、まずは『間取り』なのです!

まずはリビングダイニング。

さちこうハウスでも人気の対面キッチン(^-^)

キッチンファン.jpg

0S6A3133.jpg

全体を見渡せる位置に、キッチンを配置。
対面キッチンにすることで、
台所に立ちながら子どもたちがソファでくつろいだり、
リビングで宿題をしたりする様子をみることができます。

これなら料理の準備や食事の後片付けの最中にも
子どもの様子に目が届くので、
日中一緒に遊べない働くママが子どもと
話す時間もつくれて一石二鳥ですよね!

更にもう一つ...

いつもいつも誰かのお世話をしていると
自分だけの時間・空間を少しでいいので持ちたい、と思いますよね。

リビングには家族がいて、一人になれない...。
そんなときに家事室があると一人でゆっくりと休むことができます(^-^)

5.岡山市中区八幡 K様邸 PCカウンター.JPG

6.岡山市南区大福 K様邸 キッチン収納.JPG5.岡山市南区大福 K様邸 ホビースペース.JPG


↑こんなスペースをキッチン裏につくることで、
家事のちょっとした合間に
子どもの学校の書類関係などにも
手を付けられることができますよね(^-^)

あると嬉しいお母さんのための『間取り』
良かったら参考にしてみてくださいね(´▽`*)